ららん日記

ラジオ番組情報誌「ららん」の公式ブログです。

ポケットティッシュ、そして時給9.5缶の日々

ポケットティッシュ配布には波がある。

連続してたくさん配布できるときと、まったく配れないとき。

この波は合理的な理由があって発生するようだ。

 

信号が変わって、横断歩道から歩行者がこちらに近づく。

最初の歩行者がティッシュを受け取ると、それをみていた歩行者が次々に受け取る。

逆もしかり。

 

結果的に一回の信号の変化の間に配布できる数量が変化する。

これが波だろう。

 

だが、波にはもう一つの影響がある。

配布者のメンタル面の問題だ。

連続して配布できているときは、うまくいっているので調子に乗る。

逆にまったく出ないときは、気分が下がる。これがよくない。

 

どうやら、配布者の表情が受け取り影響があるような気がするのだ。

つまり、調子に乗っているときは、笑顔になりやすく、歩行者も受け取りやすい。

逆に険しい表情のときは受け取りも下がる。

 

波というは、非常に単純でありながら、常に変化し続けるようだ。

以上、街頭配布の現場より取り急ぎご報告まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「音声平均価格0→1チャレンジ」実施報告

2017年5月のゴールデンウイークに「音声平均価格0→1チャレンジ」を実行した。
結果 0→1 ならなかった。

以下に詳細をまとめたので報告する。
*言葉が荒くなる辺りは厳しくも楽しい心持ちで書いた。

【作戦概要】
1st step
販売用の音声作品および、テキストとイラストを中心とした無料のWEBコンテンツを制作する。
コンテンツを宣伝するためのポケットティッシュを制作する。

2nd step
ポケットティッシュを街頭配布して、WEBに誘導を図る。
WEBにて無料コンテンツ(テキスト+イラスト)を提供する。
無料コンテンツの終わりに音声作品を紹介する。

3rd step
paypalによる決済完了にてチャレンジ成功。

以上、作戦概要。

【実施結果】
・4月30日日曜から5月14日日曜まで約2週間、集中配布する予定だったが、
無料コンテンツの制作が遅れ、実際に街頭配布にできたのは、5月12日と14日の2日間のみ。
・配布枚数は700。

・WEBのアクセス解析google analytics)によると街頭配布を実施した2日間の新規ユーザは伸びた。

・実際にポケットティッシュを受け取った人の反応をみていても食いつきは悪くなかった。

・また無料コンテンツの最終ページ(音声作品の紹介ページ)まで閲覧されていることがわかった。

・よって今回のチャレンジの直接的な原因失敗は「音声作品の紹介」および「3rd step」における誘導失敗にあると考えられる。


…………ちがう、ちがうぞ、なんか違うぞ

「失敗しましたけど、WEBへの誘導には一定の効果がありました! またやります!」

そんなんで納得できるかー。

おのれは本気で0→1目指したんちゃうんかい?
それを、たった1,2回ポケットティッシュ配っただけで「効果ありました」とか、
おのれは、ねぼすけか?

チャレンジを実行したこと、
2週間ほど経ち、振り返りができるようになったのはよしとしよう。

だがなんやねん? この実施報告にまとわりつく自己満足感は?

おのれは、ねぼすけか?

「またやります!」とかゆーて。。

え? え? じゃあ、今回のは何だったん?
「0→1チャレンジ」とかいって、

「失敗しましたー。ちゃんちゃん」で終わりか? てへぺろか? てへぺろは死語か?

…………もう、なんだか、支離滅裂じゃないですか。ちゃんと書いてくださいよ。

つまるところ今回も失敗した。
コンテンツ制作を甘く見積もった。
ゴールデンウィーク初日から配るつもりがほぼ最終日にしか配れなかった。
paypalでしか買えないってなんなんだ。


それでも、まだやれると思っているのはなんだろう。

我ながらミステリー。

 

また re-construct するしかない。

 

ポケットティッシュによる宣伝活動、その効果は?

5月12日と14日の2日間, ポケットティッシュを配布してきました。

2日間合計約5時間、700部配布完了。

f:id:raran_jp:20170515133859j:plain

今回配布したのは、こちらのコンテンツの宣伝物。

もくじ/ほぼニト茶熊斎とシャケ缶工場/ららん

 

レポート「ポケットティッシュ配布によるコンテンツ宣伝の可能性追求」

本ブログ、ららんfacebookページ、twitter にて公開するかも、です。

だいたい見切り発車シリーズ「音声作品著作権ガイド」

もう少しペースを上げていきたいと思うが、

調べて書き、書いては調べて、そんなこんなで「音声作品著作権ガイド」を見切り発車。

見切りではあるが、これは早めにやっておいたほうがよさそう。

体系的に著作権ガイドするためには結構なボリューム感がある予感。

 

なぜこれをやるかというと、作品の著作権に関する知識をまとめたのち、

「ちなみに、ららんにはこんなお得な著作権設定プランを用意していますよ!」

という営業目的があってのことだとは、このとき誰も知る由がなかった。

http://raran.jp/copyright.html

「ポケットティッシュ配らせてよ」からの・・・

今日はポケットティッシュの仕事を受注できないかと思案していた。

なんにせよ営業だろう。

「ポケットティッシュを配らせてください」
そう言って回ろうと思った。

そこでまずは営業資料を作ろうと思い、
これまで作って実際に作って配布したポケットティッシュのデータを開く。

以前から気になっていたのは、

「一般的なポケットティッシュの版型とfacebookの推奨OGPが似てる」

ということだった。

1200px*630pxというfacebookの推奨OGPに適合した素材をそのままポケットティッシュに使えると、いいんじゃないのか。

ということで少しイラレと格闘しながらできたのがこちらのテンプレート。
*WEB用に画像の横幅を768pxにしてます

f:id:raran_jp:20170302182131j:plain

これをプリントアウトして
「うんうんできたできた」と少し自己満足に浸っていたが・・・

これだけでは営業資料にならんということに気が付き検討再開。

どうすれば営業先で自分にポケットティッシュを配ってもいいと言ってくれようか。

ポケットティッシュで街頭宣伝したい事業者はいる。

だが敢えて私にご氏名を頂ける事業者様にはいったいどんなメリットをご提案できようか・・・


ん・・・心意気?
殴られそうなのでやめよう。


自分で作ったテンプレートデータを眺めながら、ふと気づく。
このテンプレート作れるのなら「アプリにできるんじゃなかろうか」

・・・ポケットティッシュをプリントできるアプリ?
ぽ、け、ぷ、り?

ありそう。
appstoreで検索・・・なかった。

しかしフォトブックを作れるアプリは大量にある。

次に、我らが日の丸大人気WEBサイト
特許情報プラットフォーム
"j-plat-pat" by独立行政法人 工業所有権情報・研修館にて検索。

あったね。
そして登録者様のホームページを見る。
ほぼ「やれる」はずのところですね。

突然の例えばで申し訳ないのですが、
例えばJKがね、昼休みに学校で友達と写真撮って、
それを盛ったり、加工してアプリから発注、
放課後帰りのコンビニで受け取れるポケットティッシュみたいな?
塾とか予備校とかで配ったりすると名刺代わりになっていいかも?

彼女がいる男の子に渡したりしたら、ポケティをみた彼女が「キー!」
となったりするのも、それはそれで青春の一ページかもしれないし。

ポケットティッシュの可愛さを競う「ぽ、け、ぷ、り」があってもよいかもしれない。

さて、お値段は・・・

12個480円(税抜)とすると1個当たり40円
ポケットティッシュを4000個仕入れる場合の単価がプリント代込みで
だいたい1個5~6.5円
*オンデマンド印刷と出力ではコストが違うので要注意。

両面ラベル印刷&封入ともなると、単価が8円近くまでいってしまう。
(*独自調査に基づく)

よしんば流行っても、一時の流行りで終わりそうな予感満載。
そもそもポケットティッシュの内側にラベルが封入されていないと、
その価値は下がるぽい
・・・いや、ラベルが厚めのカードタイプなら抜いて配る手もあるか。


ここまで考えたところで我に返る。
そうそう、私はポケットティッシュ配布の受注をいただくための営業資料を作ろうとしていたんだった。。。

ポケットティッシュを配らせください!

いま、我が家には在庫でラベルの入っていないポケットティッシュが1400個くらいあります。

資料請求してくださった方には、イラレのテンプレートデータも差し上げマッスル。

ポケットティッシュを配らせください!

 

ご紹介 | ポケティ型「ららん」


*ポケプリは東芝テック株式会社の登録商標です。

ホームページを作り直したというか放り投げた。

ららんのホームページを作り直した―。

作り直すっていつまでつづくのか分からなくて、

最後は放り投げた感じだ。

 

今回フォームをたくさん作ったのだけど、

タブレット端末だとgoogleフォームの送信ボタンが押しにくい、

という問題も放置。

とにかく3月1日に間に合わせたい、その思いだけで、

ほうり投げた。

誰かに届くといいな! ららん!

つづくらしい。

raran.jp

先日、ららんで初めて広告をだしてみた結果・・・

今日のレポートは北原が担当します。

先日、ちょっと気合の入った企画を立ち上げました。

 

ポジショントーク劇場「今日のマイノリティ憑依」

 

気合入っていたんで、
ららんのフェースブックページでシェアする際、

1700円分の広告をだしました。

その結果はこちらです。

 

f:id:raran_jp:20170220142719p:plain

 

ふだん「いいね1桁」の世界なので、161人にもリーチするのは魅力的。

ごめん、ちょっと盛ったわ。「いいね1」の世界。

 

ですが!

ほぼ1700円使っていることを考えると、リーチ一人に対して10円強。

どうなんだろうこれ。

広告のターゲットをどう絞るのかが重要になりそう。

興味がない人にリーチしても意味ないわけで。

 

それと、このブログ更新時点で企画への投稿はなし。

 

いいねたくさん頂いてうれしかったですけど、しばらく広告は打たないかな。

それよりリーチ単価10円くらいなら、

ポケットティッシュと比べたときに・・・

まよう。

 

なんというか、ポケットティッシュって今のところ人力じゃないですか。

受け取った方には、送り手側の「訴求したい感」は伝わると思った次第。